タイミング次第で誰しもが消費者金融を利用する可能性がある時代

1億人いる中で民主主義で経済中心だからひずみは生まれる。 人間って自分よりも下の能力の人を見つけては気がつかない無意識下で卑下する傾向があると思います。

分かりやすいのは学歴、年収などです。経済的に考えると稼いだお金をどんどん消費してその消費したお金がうまく循環しないと底辺までお金はめぐってこないわけで2014年の動きを見ていると経済に詳しいヒトとか富裕層のリスクを取る人たちだけがバブリーだって言ったりしていますね。

結局底辺はがんばって仕事して、出来る限りリスク(仕事面で)をとって上を出し抜いていかないとお金の安定という意味では満足な収入を得ることは出来ないのではないかなと思います。

結局稼ぐヒトは限られるし相対的にピラミッド型になるのは仕方がない気が

実際問題ですがよく取り上げられる話で年配の方が貯金たくさんあるからとかさっきの富裕層がバンバンお金を使わないから底辺までお金が循環しないという理論がありますが、まあそうだとしてもこれは致し方ない事なんじゃないかなと思います。

だって、バンバンお金使ってタイミングが悪く稼げなくなった時誰も責任取ってくれないですし。それに今富裕層だとか資産家の人はそれだけ努力をした人たちで、民主主義の今の世界ではなにも悪くないヒトなわけです。

だから頑張るしかないわけですが、こういう状況ってどんなに頑張っても皆平等にお米や服など衣食住を配布しない限り差は生まれるのは当然ですよね。

人間ってヒトに負けたくないとかいう見栄もあったりするので 時代と状況によりけりですが誰しもが底辺になる可能性はあるし消費者金融を利用する可能性がある時代なんじゃないかなと感じました。