限度額まではまだまだ余裕があると思っていたけれど

お金の借入れに対して最初は抵抗感がある方がほとんどかと思いますが、
一度借りてしまうといつのまにか慣れてしまうもの。
1社目から借りた段階で、追加での借入れをせずにスムーズに完済できることが理想です。
しかし限度額までなら何度でも借入れできるのがキャッシングの便利なところ。

今月もちょっとだけ足りない・・・ちょっとだけ借りてしまおう。
これはこれでキャッシングの正しい利用方法といえます。
しかしこうして追加借入を繰返しているうちに、あっという間に限度額に達してしまう。
これもキャッシングの大きな特徴でしょう。

こういったペースに慣れてくると、1社目が限度額に達したなら他社から借りられるかも?
そうすればまだ借りられる。普通に考えればこれって「いやいや借金が増えるだけだし、
返済だって厳しくなる。」となるものですが、そのように考えられなくなりがちなのが
キャッシングの魔力。というよりももう常に借りなければやっていけないので、
2社目、さらには3社目と複数社からの借り入れをしてしまうことになるわけです。

もちろん返済できるのならば問題ないのですが、
そもそもお金が足りないから借りるんですから、返済が厳しくなるのは目に見えています。

おまとめ・一本化のタイミング

複数社から借りなければどうにもならないというなら、
おまとめローンや一本化を考えた方が無難です。
複数社って何社ぐらいからかといいますと、
こちらのページでも少し触れていますとおり3社目を考えるタイミングで、
すべての借入れをひとつにする
ことをお勧めします。

でも、消費者金融では年収の3分の1までしか貸してくれなかったし、
2社の借入残高とさらに必要な金額を合算すると、年収の3分の1どころじゃないから、
借りることができるのか?無理なんじゃないか?
これは正論ですね、確かに借りられない可能性が高いです。
しかしおまとめ・一本化は総量規制の対象外として扱われますから、
年収の3分の1を超えていても、基本的には対応してくれるのです。

ただこれまでに返済を滞った履歴があったり、信用情報になにかしらの問題がある場合は、
この限りではありません。業者によってその対応はちがってきます。
借入れ先を選ぶ際に唯一いえるのは、高い限度額が設定されている
おまとめ・一本化ローンの中から選ぶことがポイントであるといえます。

銀行の借入れも視野に入れる

銀行での借入れはまず審査に通過できないのでは?そう考えている方多いかと思います。
確かにそのとおりで、審査は厳しいといえますが、おまとめ目的の場合は、
通常の借入れとはちょっとだけ違うニュアンスの審査となるケースも見受けられます。

これもまた確実にそうというわけではなく、銀行や利用者の信用情報によっては、
ということになりますが、金利面で見ても銀行での借入れのほうが、
有利であることには間違いないですから、まずは銀行でのおまとめ・一本化を検討するべきです。

せっかくまとめたならまた借りないこと

そしてなによりも重要なのが、借入れを一本化したのならば、これまでのように、
さらに追加で借り入れることを絶対にしないよう心がけましょう。
おまとめすることで、月々の返済額と金利負担は小さくなってはいますが、
借入残高そのもの減ったわけではないのです。

もし、さらなる借入れをするなら、もうおまとめ借り換えなどの
負担を減らす対策はありません。つまり最後の砦のようなものだといういことを、
肝に銘じた上で、おまとめ・一本化・借換えをしなければ、
もうあなたには自己破産などの債務整理しか残された道はありません。