消費者金融で借りれなかった場合の原因

消費者金融への借り入れ申し込みで断られた場合に
考えられる原因が幾つかあります。
その一つは、国で定められている法律によるものです。

日本の法律では、総量規制というものが有り、
借入を行う側にとって金利の高い不利となる借入に
関しての制限が定められているもので、
消費者金融で取り扱う比較的金利の高い融資商品に関しては、
前年の年収の3分の1以内の貸付限度枠を設ける事
と決められています。

消費者金融への借り入れ申し込みをされた時点で、すでに他の消費者金融より、
総量規制に該当する金額の借入を行っている場合には、
契約の申し込みの時点で断られる可能性が有るのです。

審査時の個人信用情報機関への問い合わせ

これらは、消費者金融で、契約申し込みを行った時に行われる審査で、
個人信用機関へと、借入申込者の金融取引の状態が確認されるためで、
他の金融機関との取引状況を知る事が出来るシステムにより運営されている為です。

また、使用していない他社のキャッシングカードを所持している場合にも、
すでに借り入れを行っているという状態と判断する所もある為、
使用する予定の無い金融取引契約は、解約しておく事が必要です。

また、同時期に複数の契約申し込みを行うと、申し込みブラックというレッテルが張られ、
断られたというケースも多いので、必要な場合には、
最低でも1カ月以上の日数を空けて行う事が必要です。

これらの原因は、特に消費者金融に対して不貞を起こした内容ではないものの、
信頼に値しないとみなされてしまう為、
契約の申し込みに関しては、状況を改善してから行われる事が大切です。

返済の遅れなども原因に

その他、断られた原因が過去の過失で有る場合も多く、
何の意思表示も行わないまま返済を送らせてしまったり、
消費者金融との信頼関係を損ねる事を行うと、
これまで契約し利用していた取引自体も断られてしまう最悪な事態もあり得ます。

また、返済する事が不可能になり、債務整理などを行った経験が有る方の場合には、
7年という時効を迎えるまでの期間は、消費者金融との契約を結ぶことは不可能となります。
以上のような内容が原因となり、断られたという場合にも、
消費者金融により審査には違いが有るので、他を当たってみる事も大切です。