手軽なモバイルキャッシングの登場

キャッシングのサービスは、消費者のニーズに合わせて進歩してきていると言えるでしょう。最初は窓口で借りて、そして窓口に返済をするというのが一般的でしたが、その内に振込が利用されるようになり、カードやATMが利用されるようになり、かなり便利になってきたと言えるでしょう。インターネットが普及したことによってネットキャッシングが行われるようになったのですが、最近ではモバイル端末が普及してきたことからモバイルキャッシングのサービスが登場したのです。 これにより物理的な障壁が解消され、お金がすぐに必要な時、時間を短縮し借り入れが 可能になったと言えるでしょう。

モバイルキャッシングとは?

モバイルキャッシングとはどういったものかというと、スマホやタブレットなどのモバイル端末から利用できるサービスのことを指します。 ネットキャッシングでは、どちらかというとパソコンから利用するインターネットを対象としていましたが、パソコンよりもモバイル端末が普及したことから、モバイル端末で利用しやすいようにモバイルキャッシングのサービスが登場したのです。金融機関側としても、モバイル端末に特化することでコスト削減の効果もあるのです。

スマホやタブレットなどのモバイル端末から申し込みの手続きが完了します。買い入れをするときの手続きもモバイル端末上から行う事ができますから、店舗を探すことも必要ありませんし、ATMを探す事も必要ありません。カードローンのようにカードが発行されないことも多いですから、もっとも手軽に利用できるサービスがモバイルキャッシングだと言えるでしょう。

2015年8月時点のモバイル環境王者を使うのが便利

この記事を書いたのがもう2年くらい前の話で、「モバイル」というと既にスマートフォンが大多数を締めてガラケーは衰退気味でした。今は完全にモバイルと言えばスマホという一般認識にまで普及しましたが、環境次第でサービスは変化するものです。

モバイルキャッシングも当然そうでアプリ経由で現在の利息、支払い額、増額なども手続きができますが機種によっては使えない事はあります。2015年下半期に入りましたが断然有利な機種はiPhoneです。世界的に見るとアンドロイド利用人口が多いのですが日本ではiPhoneが一番利用されています。

スティーブジョブスと孫正義の友情ストーリーでソフトバンクが独占販売を行っていた5年前?くらいが懐かしいですが今では主要キャリアで販売しているし今後も一番の利用者が続いて行くのはほぼ間違いないでしょう。

環境の話だから審査とかサービスは別に影響ないでしょ?80%くらいその通りですが、環境先取りは今後差がつくという話で、キャッシングも初めての申込が早いからよりも申込後のサービス、基本的な利息、母体の信頼性が重要。

差がつくのはここで、ということはキャッシング会社はアプリやスマホデバイスに合わせて便利機能を追加していく。これは、ビジネスをやっている人ならわかる話で、そこまでキャッシングに合わせる必要はないと言われればそれまでの事ですがキャッシング以外のアプリも充実しているので環境の王者を手元に持っておくことは割とおすすめです。

消費者金融