キャッシングを利用したら後々困ること

何がしかの目的のためにキャッシングを利用してその目的を達成します。
返済そのもので困ることは別として、そのほかに後々困る事って有るでしょうか?
利用者それぞれの条件によって違いがあるものの、実際困ることはあるといえます。

他の借入れができなくなる?

これはまったくできなくなるわけではなく、個人が現金を借入ることが可能な金額には、
年収の3分の1までとする総量規制という決まりのために、
これらの現金の借り入れは制限されます。

・他社(消費者金融)での借入
・クレジットカードに付帯するキャッシング枠での借入

他社での借入は、審査の際に必ずこれまでの借入額が調べられ、
クレジットカードも同様に審査の際に調べられます。
これについては申し込み者自身が申告するしないなどという話ではなく、
審査では個人の信用取引の履歴を管理する、個人信用情報機関に必ず照会するので、
確実にチェックが入るわけです。

借入残高が有る場合、つまり返済中の場合、残りの借り入れ額が関連してくるものなので、
以前に借りたけど既にきちんと完済している場合なら、もちろん問題ありません。

ちなみに返済を延滞するなどの場合は、事故情報として5年間履歴が記録されます。
この場合は総量規制とは関係なく、事故情報がある利用者として、
借り入れが難しくなってきます。

カードを所持してるだけで借りているのと同じ?

カードローン、クレジットカード(キャッシング枠あり)を作ったけれど借りていない。
または、借りていたけれど完済済みでカードだけを持ってる(未解約)という場合。
借入なしという事実は事実ではあるものの、
個人信用情報での取り扱われ方という点では、借りている状態と同じ扱いとなります。

例えば、限度額50万円のカードを持っている場合、
審査などなしにいつでも50万円を借りることが可能なわけですから、
信用情報の扱いは50万円借りているのと同じという具合ですね。

住宅ローンやマイカーローンが組めない?

住宅ローンやマイカーローンは、
総量規制については対象外とされているため借入額との関わりはありません。
しかし、それとは別の話で返済能力がチェックされます。

住宅ローンでは、年間の返済金額が年収に対して30%以下でなければなりません。
例えば、年収300万円の人だったら年間90万円まで。
月の返済額に直せば75000円が上限となります。
マイカーローンでは上記のような明確な制限は存在せず、
融資を行う業者それぞれの独自の判断という形となります。

他社借入、クレカの場合と同様に返済中の場合は審査に影響を与えます。
延滞などの事故情報ももちろん審査に大きな影響があります。
事故情報までいかなくても、返済期日に遅延することが多かったりすると、
審査に響いてくる場合もありますから、キャッシングを利用した場合には、
確実に返済期日を守ってしっかりと返済を行う必要があります。

言い換えれば、事故情報が一度もなく完済できた場合なら、
住宅ローン、マイカーローン審査に悪い影響を与えることはありません。